TBC個人情報流出事件~判決が弁護団サイトにアップされました2007年02月13日

エステティックTBCの顧客情報漏洩、一人当たり3万5000円の賠償金PC online

東京地方裁判所は2007年2月8日、2002年5月に発覚したエステティック大手のTBCによる個人情報流出に関して、被害者14名が一人当たり115万円の損害賠償を求めていた民事裁判の判決を下した。判決では、TBCの運営会社であるコミー(当時)に対して、原告13名にそれぞれ3万5000円、1名に2万2000円の賠償金を支払うように命じた。

2002年5月26日、TBCのWebサイトにおいて、同サイトで実施したアンケートデータや、資料請求のために入力したデータなど、およそ5万人分のデータが外部から閲覧できる状態になっていたことが明らかになった。流出データが悪用されて、迷惑メールが送られてくるといった二次被害も確認されている。

判決が弁護団のページアップ(PDF)されました。

訴訟でTBC側は,損害額のみならず責任の所在や,情報流出と二次被害(迷惑メール,迷惑電話等)との間の因果関係についても争っていましたが,責任(使用者責任),情報流出と二次被害の因果関係ともに認められています。特に使用者責任についての認定は非常に丁寧になされています。

損害額についての評価や,これまでの大量流出事件との比較については,弁護団のページや弁護団長の紀藤弁護士のページに詳しく述べられているのが参考になります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
三権分立といった場合の三権とは,立法,行政と何?(答:司法)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nomura.asablo.jp/blog/2007/02/14/1182751/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。