サッポロとアサヒ,資本提携の動き2007年02月19日

同業他社に資本提携を持ちかけるとは・・・。

アサヒ・サッポロ資本提携、月内の基本合意目指す

ビール業界,今でこそ激しく競争していますが,昔は価格の同調的引上げの常習犯で,しかも小売店での価格が各社均一だったことから,公取から希望小売価格が目安にすぎないことを小売店に周知徹底するよう申し渡されたこともあるところです。

アサヒビール自体,ビール業界で大きなシェアを占めており,これが業界3位のサッポロビールと資本提携すると,市場の寡占度はさらに高まることになります。

資本提携がどのような形でなされるのか分かりませんが,競争を実質的に制限するものとして,公取の排除措置の対象となる可能性も強いと思います。

個人的嗜好としては,アサヒビールで売れ筋のDは好きでなく,それならばまだサッポロのKの方が数段よいと思っているので,資本統合で製品統合などという事態には絶対になってほしくないものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
三権分立といった場合の三権とは,立法,行政と何?(答:司法)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nomura.asablo.jp/blog/2007/02/20/1196386/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。