臓器移植法「改正」~生命がネガティブ・オプションの対象になったが2009年07月14日

臓器移植法「改正」法が成立しましたね。

あらかじめ拒否の意思を示しておかない限り「脳死」の状態で臓器が摘出されることになったわけです。

これまでは生きていたとして扱われていた命が,あらかじめ拒絶の意思を示さないと奪われてしまうわけで,まさに命についてネガティブ・オプションの仕組みが導入されたと言えるでしょう。

このネガティブ・オプション,まさに人の生き死ににかかわるものですから,市民の生命に対する権利の保障を十全なものにするため,「脳死」状態での提供拒否の意思表示の仕組みを政府は周知徹底させるべきではないでしょうか。

今のままでは,「脳死」はまだ死ではないと考えている人が,提供拒否のためには拒絶の意思表示が必要であることをしらないまま「脳死」判定さらには臓器移植をされてしまうという事態が頻発するおそれがあります。これは生命に対する権利の重大な侵害であり,放置しておいてよいものではないでしょう。