神世界事件で24人が追加提訴2009年12月26日

有限会社神世界及びそのグループ会社並びに会社役員らに対し,その被害者ら24人が東京地裁に昨25日損害賠償請求訴訟を提起しました。

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122501000640.htm

ヒーリングサロンを装った有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループの霊感商法事件で被害を受けたとして、新たに10都道県の30~60代の男女24人が25日、神世界と関連会社などに計約7400万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

神世界被害対策弁護団によると、集団提訴は今年5月に続いて2回目。原告数は計41人、請求総額は約2億4千万円になった。

訴状によると、グループは、警戒心を持たれないヒーリングサロンを装って被害者を誘い込んだ上で「御祈願をしなければがんが治らない」などと迫り、現金をだまし取った、としている。

弁護団の紀藤正樹弁護士は「グループによる被害は予想以上に深刻で、泣き寝入りする人を出さないよう新たな提訴に踏み切った」と述べた。

なお,神世界に対する第1次集団提訴による訴訟については,2010年2月3日午前10時10分から次回期日が開かれることとなっています(東京地裁611号法廷)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
三権分立といった場合の三権とは,立法,行政と何?(答:司法)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nomura.asablo.jp/blog/2009/12/26/4779714/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。