花粉症の舌下減感作療法2010年03月07日

 毎日新聞に載った花粉症についての記事の中で,花粉症対策として,舌下減感作療法というのが載っていた。舌の下側に,パンくずにしみこませた花粉液を数分間置くというものだ。最初は毎日点薬を行い,徐々に花粉の濃度を上げていくが,最高濃度まで達したら後は1週間に1度行うことになる。

 実は私は連れ合いとともに,一昨年の秋から,この舌下減感作療法を受けている。臨床試験ということで,1年目は,実際に花粉を使う人のグループと,偽薬(プラシーボ)を使う人のグループに分けられ(本人がどちらに属しているかは知らされない),花粉症シーズンをすごした。ちなみに症状がひどい時に備え,飲み薬も出してくれる(こちらは薬代が取られるが。)。

 私の場合,毎年3月から5月初めまで症状が出ていたのだが,昨年は,例年に比べ花粉の量が多いといわれていたにもかかわらず,症状がそれほどひどくはならなかった。

 シーズン終了後医者から発表があり,私は真性の薬,連れ合いは偽薬であったと判明。4月に症状が抑えられていたのも,減感作療法によるものではないかという医者の話であった。

 今シーズンは連れ合いが真性の花粉による舌下療法1年目,私は2年目になる。今年は花粉の飛散量が少ないということもあろうが,連れ合いの花粉症の症状はピタッと止まっている。私は医者から,2週間に1度でもよいといわれたので点薬を2週間に1度にしたら,症状が出たので,1週間に1度の点薬にしたところ,症状は止まっている。

 このように,舌下減感作療法,私と連れ合いに関する限りは効果が出ているようだ。(冒頭のリンク先の記事にも出ているように,万人にというわけではなさそうだが)。

ただ,この減感作療法,3年くらい継続してやらないと治療効果が出ないそうなので,それが面倒ではある。私は以前,ちょうど司法試験に合格する直前のころ,注射による減感作療法を受けていたことがあり,結構効果も出ていたのだが,修習で大阪に行った際に治療を途絶えさせてしまい,効果が失われてしまったことがある。今回はそのようなことのないよう継続させたいものである。

また,臨床試験への協力ということなので,毎日の症状(くしゃみ,鼻水,むずがゆさ,目のかゆみ等)を専用のノートに付けて,1か月に1度医師に提出する作業も大変ではあるが。

こんな日弁連をどうするか?2010年03月10日

小林正啓弁護士の書かれた「こんな日弁連に誰がした?」,ようやく読み終えました。早々と送っていただきながらご紹介が遅れてすみません。また,送っていただいたことに,遅ればせながらこの場でお礼申し上げます。

本書は

戦後,裁判所が右傾化するのと機を即して左傾化していった日弁連が,法曹増員に対する対応を誤り,司法改革についての当事者能力を失ったのを,司法制度改革審議会において法曹一元導入の夢を叶えるべく巻き返しを図ったが惨敗した

という歴史(ストーリー?)を,当時の新聞記事や日弁連総会議事録,司法制度改革審議会議事録などにあたって丹念につづられています。

本書は司法制度改革の是非ということではなく,戦術論,戦略論の方に重きを置いて書かれたものですが,どのような戦術・戦略を取るのかも,どのような目的・目標を掲げるのかと密接に関連しているので,そもそも得ようとしている目標の評価と離れては戦術・戦略を論じ得ないようにも思いました。

本書では,1994年の日弁連総会決議で,司法試験合格者800人の決議を行ったことで,日弁連が世間の支持を失い,法曹人口問題に関する当事者能力を失わせることにつながったとしています。

今日再投票が行われる日弁連会長選挙の,執行部承継候補支持と思われる文書内で,上記時代のことを挙げて,過激な主張は控えるべきだとの内容が書かれていましたが,問題にしている増員の内容も違いますし,また,1994年当時の,規制緩和拡大の流れと,新自由主義への反発・規制緩和一辺倒の見直しの声が拡大し,弁護士の就職難が現実化している現在とでは,情勢も異なるので,過去の事例の反省から,合格者数減員を持ち出すのは慎重たるべき,ということにはならないでしょう。

本書で書かれている,日弁連の「失敗」の原因については更に別に触れてみたいと思いますが,今日が投票日ということで,とりあえず会長選挙に絡むところのみ触れてみました。

日弁連会長選挙再投票,宇都宮候補が勝利2010年03月10日

日弁連会長選挙の再投票が今日行われ,宇都宮健児候補が勝利したようですね。

私の属する第二東京弁護士会では前回よりも投票率が上がっているようで,しかもその多くが宇都宮候補に流れた模様。驚きです。

私はいずれの候補も支持するものではありませんが,宇都宮候補におかれては当選された以上,司法試験予備試験について,

法科大学院の現状は,多様な人材を法曹に迎え入れるという理想どおりになっているのか,そして今後,法科大学院教育が質的に優れていることは別ルートからの受験者との競争によっても検証できるのではないか,などの視点から,司法試験予備試験を「例外的・補完的なもの」として位置づけるのが適切であるのか,再検討します。

との公約(市民のための司法と日弁連をつくる会政策要綱)を是非果たして,法科大学院などという得体のしれないものに通わなくても法曹になれる途を広く開くようにしてほしいものです。

(再検討の結果,例外的・補完的なものとするという結論が出されそうなおそれも大ですが・・)

政治主導と閣議決定2010年03月12日

司法試験合格者数3000名というのは,司法制度改革審議会意見書ではなく,閣議決定で決められたことのようですね。

ところで,自民党政権下での閣議決定って,民主党政権下でも拘束力を持つんでしょうか?

そもそも閣議決定が拘束力を持つというのは,閣議が各省庁のトップである大臣の集まりであり,そこで決められたことは各省庁間の合意事項ということになるので,その後に各省庁が所管の法律を作ったりする際に拘束されるようになる,ということです。

つまり行政庁の役人がいろいろ立案しようとする際に,他省庁との仁義で配慮しなければならないというものなのです。

ですから,従前の閣議決定に政治家が縛られるいわれは,そもそもないものです。ただ,これまでは,大臣はほとんどの場合,官僚が作ってきた合意事項に乗っかって閣議でも物事を決めてきたので,従前の閣議決定が事実上の拘束力を持ってきたにすぎません。

ところで民主党中心の現政権下では,政治主導ということが言われています。司法試験合格者数の問題についても,従前の閣議決定にとらわれることなく,3000人という数を政治主導で減らしていくことは可能なはずです。

新会長には是非とも合格者数減に向けた働きかけを行っていただきたいものです。

愛知の武豊線、15年春から電化 JR東海の旅客線で初2010年03月19日

http://www.asahi.com/national/update/0318/NGY201003180013.html?ref=rss

半田や武豊は現在は名鉄が頻繁に走っていますが,今後はどうなるんでしょうかね。

以前,四国旅客鉄道の人に話を聞いた際,気動車と電車では性能には差は無いが,電車の方が気動車に比べ整備費用が少なくて済むという話でした。ただ,電化するコストと,電化による浮くコストの対比で電化するかどうかが決まる,と。ちなみに話を聞いたのは1994年ですが,その人の話では,四国で次に電化をするとすれば,予讃線の宇和島まで(当時は伊予市までの電化),その次が高徳線であろうということでした。

武豊線は数年前,「ミラクルバナナ」という映画の公開の際に乗ったことがありますが(武豊か半田だったかにある映画館に行きました。),結構人が乗っていた記憶があり,非電化なのが不思議なほどでした。

東海旅客鉄道は,リニアの話と良い景気のいい話が続きますね(リニアには私は懐疑的ですが)。