花粉症の舌下減感作療法2010年03月07日

 毎日新聞に載った花粉症についての記事の中で,花粉症対策として,舌下減感作療法というのが載っていた。舌の下側に,パンくずにしみこませた花粉液を数分間置くというものだ。最初は毎日点薬を行い,徐々に花粉の濃度を上げていくが,最高濃度まで達したら後は1週間に1度行うことになる。

 実は私は連れ合いとともに,一昨年の秋から,この舌下減感作療法を受けている。臨床試験ということで,1年目は,実際に花粉を使う人のグループと,偽薬(プラシーボ)を使う人のグループに分けられ(本人がどちらに属しているかは知らされない),花粉症シーズンをすごした。ちなみに症状がひどい時に備え,飲み薬も出してくれる(こちらは薬代が取られるが。)。

 私の場合,毎年3月から5月初めまで症状が出ていたのだが,昨年は,例年に比べ花粉の量が多いといわれていたにもかかわらず,症状がそれほどひどくはならなかった。

 シーズン終了後医者から発表があり,私は真性の薬,連れ合いは偽薬であったと判明。4月に症状が抑えられていたのも,減感作療法によるものではないかという医者の話であった。

 今シーズンは連れ合いが真性の花粉による舌下療法1年目,私は2年目になる。今年は花粉の飛散量が少ないということもあろうが,連れ合いの花粉症の症状はピタッと止まっている。私は医者から,2週間に1度でもよいといわれたので点薬を2週間に1度にしたら,症状が出たので,1週間に1度の点薬にしたところ,症状は止まっている。

 このように,舌下減感作療法,私と連れ合いに関する限りは効果が出ているようだ。(冒頭のリンク先の記事にも出ているように,万人にというわけではなさそうだが)。

ただ,この減感作療法,3年くらい継続してやらないと治療効果が出ないそうなので,それが面倒ではある。私は以前,ちょうど司法試験に合格する直前のころ,注射による減感作療法を受けていたことがあり,結構効果も出ていたのだが,修習で大阪に行った際に治療を途絶えさせてしまい,効果が失われてしまったことがある。今回はそのようなことのないよう継続させたいものである。

また,臨床試験への協力ということなので,毎日の症状(くしゃみ,鼻水,むずがゆさ,目のかゆみ等)を専用のノートに付けて,1か月に1度医師に提出する作業も大変ではあるが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
三権分立といった場合の三権とは,立法,行政と何?(答:司法)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nomura.asablo.jp/blog/2010/03/07/4927464/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。