2010年新司法試験合格者発表を前にして2010年09月09日

今日,9月9日は新司法試験合格者発表の日ですね。

今年(2010年)の司法試験合格者数については,従前の閣議決定(「司法制度改革推進計画」平成14年3月19日閣議決定) で,3000人を目標とすることとされています。

ただ,この閣議決定の法曹人口に関する箇所を見ると,

現在の法曹人口が、我が国社会の法的需要に十分に対応することができていない状況にあり、今後の法的需要の増大をも考え併せると、法曹人口の大幅な増加が急務となっているということを踏まえ、司法試験の合格者の増加に直ちに着手することとし、後記の法科大学院を含む新たな法曹養成制度の整備の状況等を見定めながら、平成22年ころには司法試験の合格者数を年間3,000人程度とすることを目指す。

となっており,実際には法的需要がそれほど拡大したとは言えないこと,法科大学院を含む新たな法曹養成制度が十分に整備されたといえるかどうか疑問であることを理由として合格者数を3000人未満とすることが可能な表現になっていることから,3000人の合格者となる可能性は少ないのではないでしょうか。

個人的な予想としては,短答式試験の合格者が前年度に比べて増加していることを考えると,2500人前後合格するのでは,という気がします。ただ,それでも多すぎるという気はするんですけどね・・・。

(16:20追記) 2074人ということのようですね。前年度とほとんど変わらない数です。政府内での検討チームの検討結果が出るまでこの辺りの数で推移するのでしょうか・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
三権分立といった場合の三権とは,立法,行政と何?(答:司法)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nomura.asablo.jp/blog/2010/09/09/5339405/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。